既存のExcleデータをWordに貼り込む

Wordドキュメント作成一覧へ戻る

Word文書にExcelの表を貼り込むには、つぎの2つの方法があり、それぞれ機能が違います。

【AとBの機能比較】
データの貼り込み方の機能比較

操作をおこなう前に、あらかじめ、使用するExcelファイルとWordファイルを開いておいてください。

AB共通の操作 Excelファイル上で、表をコピーする方法

Excelファイル上で、コピーする表をドラッグして選択します。
選択した状態のまま、[Ctrl]キーを押しながら[C]キーを押します。

Excelファイル上でデータをコピーする

テクニックA:Wordの表として貼り込む

Excelの表をWordの表として貼り込むと、Excelの表の罫線が、そのままWordの罫線に変化します。
コピー元のExcelファイルの計算式は、Wordにコピーされません。数値のみが貼られます。

1 Excelの表をコピーします。

2 Wordファイルで表を入れたい場所に(任意の箇所に)カーソルを入れた後、[Ctrl]キーを押しながら[V]キーを押します。
カーソル位置に、表が貼り込まれます。

カーソル位置に表が貼り込まれる

テクニックB:Excelにおけるデータ変更がWordファイルにも反映される

コピー元のExcelでの表の変更が、自動的にWordの表にも反映されます。ExcelとWord双方の表のデータ更新が、1回の作業で済みます。

1 Excelの表をコピーします。

2 Wordファイルで表を入れたい場所に(任意の箇所に)カーソルを入れた後、[編集]メニュー→[形式を選択して貼り付け]を選択します。
[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。

[編集]メニュー→[形式を選択して貼り付け]を選択

3 形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスで、上の図のように設定後、[OK]ボタンをクリックします。
カーソル位置に、表が貼り込まれます。
Wordに貼りこんだ表をダブルクリックすると、Excelが起動し、連動しているワークシートが別画面で表示されます。

Excelが起動し、連動しているワークシートが別画面で表示される

Excelで作成したグラフやフロー図も、同様の手順でWord文書に貼り込むことができます。この機能を利用することにより、既存のExcleデータを報告書や企画書に活用することができます。

Wordドキュメント作成一覧へ戻る